中学受験は家族でバックアップ

高校や大学の受験でも、勉強のし過ぎで体調を崩して本番最悪の状態だったり、お正月くらいお友達と一緒に出掛けさせてあげようと遊びに活かせたら、風邪を引いた、インフルエンザをもらってきたなど「油断」が大きな影響を与える事もあります。中学生や高校生でさえこういう事があるのですから、中学受験を控えたお子さんには注意を払ってあげてください。過保護にしろという事ではなく、家族みんながあなたの受験を応援しているよという態度で接する事が一番です。

中学受験が近くなると頑張りすぎてしまうお子さんも多く、体調を崩してしまう事も多いです。こんな時は風邪などをもらいやすくなりますので、家族全員で風邪予防を行いましょう。冬休みなども生活リズムを崩さず、普段通りの時間で生活することが体調の維持につながります。

小学生がチャレンジする受験ですから、受験の情報を得る、学校説明会の期日を調べる、オープンスクールの日程を確認する等は、保護者がお子さんと一緒になり行います。共に中学受験にむけて家族が頑張ってくれていると伝われば、お子さんもしっかり勉強してくれるでしょう。

みんなが同じ目標に向かって一致団結し動いている家族は強いです。そういった中で勉強してきたお子さんは、みなさんいきいきと中学受験会場に向かっていきます。進学塾に通わせているから、家庭教師を付けているから放っておいていいという事はありません。家族みんなでお子さんをバックアップし、目標達成まで頑張っていきましょう。