家庭教師という選択

中学受験を志すお子さんは、小学校の通常の授業、家での自学以外に、中学受験の試験傾向に合わせた指導を行う進学塾などに通う事が必須といわれています。もちろん独学で超難関校へ合格を果たすお子さんもいますが、これは本当に稀な事です。通常、進学塾などに通い中学受験に沿った勉強を計画的にしていくことが求められます。

ただ塾に行かせることに不安をお持ちの保護者も多いでしょう。進学塾が遠く電車を乗り継ぎ通う事が必要という環境だったり、送り迎えができる環境になかったり、思春期に突入する年代で夜塾から帰宅する際に危険な目に遭わないか、また横道にそれることはないか、保護者として不安になる事も当然です。

またお子さんの性格が大人しく、消極的で学校でもなかなか先生に質問できないなどであれば、進学塾でも大勢が共に勉強する塾に入れても委縮してしまう事が考えられます。新しい場所に慣れるまでに時間がかかるというお子さんも多いので、この場合、家庭教師の選択も「あり」でしょう。

お子さんが一番安心できる「自宅」という環境で、夜外出することもなく安心して指導を受けられるという利点がある家庭教師を利用し、中学受験に向けての計画的な学習を行っていくということも考えておきましょう。