塾ってどのくらいの費用がかかる?

公立中学に行くのではなく、中学受験にチャレンジし私立中学などに進学する事を考えている保護者は、経済的な面も考慮しなければなりません。公立中学に行くよりも私立中学など中学受験を実施する学校は教育費用がかなり多くかかります。独自の魅力ある教育を行う私立中学は施設もよく教師も指導力がある方々が集められているため、納得の教育を受けさせることができますが、教育費用が通常よりもかかるという事を考慮しなければなりません。

学校にかかる費用ばかりではなく、中学受験に必須といわれる進学塾についての費用も考えておくことが必要です。難関校受験の合格率が高い大手進学塾の場合、通常の月謝に加え夏季講習や冬季講習、勉強合宿、模試など別に費用がかかる事も多いです。指導を受ける科目数、通う回数などが多くなればその分月謝も高くなりますし、塾に入るための試験がある場合、その費用も掛かります。

一般的に小学校5年生が大手進学塾に1年通った場合には80万円くらい、6年生になると勉強合宿などの日数が多くなったり、試験数が多くなるなどより費用がかかるようになり、100万円くらいは準備が必要でしょう。学習塾にいっているから絶対に合格するという事はありませんし、塾によっては細かなケアがない事もあります。費用的な面だけを見るのではなく、学習塾の基本姿勢、ケア方法、その他様々な点を加味して入塾する塾を決めていきましょう。