学習塾はどこがいい?

現代のお子さんたちは小学校から塾に通うお子さんが多く、中には低学年から塾に通い中学受験に備えているお子さんもいます。いくつから通わせるかは、ご家庭によるものですが、中学受験を考慮されるのなら少なくとも小学校5年生には中学受験のノウハウを持った進学塾に通わせることが望ましいといえます。

塾にも種類がありますが、通常、中学受験を志すお子さんが通うのが進学塾です。特に最近は中学受験専門の進学塾も登場しているので、こうした進学塾へ通わせることを考えましょう。特に超難関校、また御三家と呼ばれるような中学への受験を考えているのなら、進学塾の実績などをよく加味し、比較検討する事が重要です。

補習塾は地域に昔からある塾などが多く、小学校の授業で行った内容を復習する、また行う内容を予習するという塾です。低学年の間はこうした小学校の授業に沿った塾で、基礎学力をしっかり付けておき、小学校4年生くらいから進学塾に変えるというご家庭も多いです。

人対人が苦手、初対面に弱い、周りに大勢の人がいると委縮してしまうというお子さんは、進学塾の中でも個別指導塾がいいでしょう。1人、また2人から3人程度の少人数への指導を行ってくれるため、きめ細かな指導ができるという魅力があります。苦手科目があるお子さんも、個別指導塾なら苦手克服のための基礎学習やり直しを丁寧に行ってくれるので安心でしょう。