学習塾に通う意味

中学受験を志すお子さんにとって強い味方となるのが学習塾です。地域に昔からある塾、進学のための塾など色々な塾がありますが、最近は中学受験に特化した塾があり、中学受験を志す多くのお子さんがこうした塾に通っています。

地域に昔からある塾、地域のお子さんたちが通う一般的な塾は、小学校の授業に沿った予習、復習がメインで指導が行われていますが、中学受験では小学校の授業に沿った学習ではなく、その上の段階の学習が必要となるため、中学受験のノウハウを持った塾に通う事が求められます。

中学受験の試験は学校によって違いがありますが、いずれも小学校の教科書通りの学習では解けない問題が多く、特に算数や国語など学校が重点としている科目などはかなり難問が出題される傾向にあるため、通常よりもレベルの高い学習が必要となるのです。一般的な塾ではこうしたレベルの高い教育ではなく、学校の指導に沿った教育を行っているため、中学受験には不向きといえます。

小学校低学年くらいの年代であれば、地域の塾に通い教科書の予習復習でもいいと思いますが、小学校4年生くらいになったら中学受験に沿った進学塾へ通う事を考えた方がいいでしょう。中学受験にとって進学塾をどこにするかの選択は実に大きな影響があるものなので、しっかり選ぶ事が大切です。