オープンスクールに行こう

お子さんにとってお友達がそのまま進学する公立中学に行くのではなく、私立中学や中高一貫教育校など中学受験が必要な学校に行くということがプレッシャーだったり、いやだと感じていることもあるでしょう。高校受験では通常お子さんが行きたい学校を選択すると思いますが、中学受験のほとんどが親の意思によるものなので、お子さんが納得していないという事も多いのです。

中学受験を行う私立中学などでは毎年、オープンスクールが開催されています。このオープンスクールでは、その学校の授業に参加できたり、部活動の見学、昼食の様子などを見る事ができ、先輩たちの学校生活を間近にみる事ができるチャンスです。

私立中学はほとんどが公立中学よりも施設が充実しており、公立中学と比較すると先生たちも生徒との交流に積極的で学校自体のイメージが全く違います。生徒たちが生き生きと学習し、部活に励む姿はお子さんにとって私立中学のイメージを変えるものとなるかもしれません。先輩たちのように生き生きと質の高い学校で学びたいという気持ちを持たせるためにも、オープンスクールはとても重要です。

私立中学について憧れのイメージをもってくれたら勉強するモチベーションも違ってきます。お子さんがやる気になる大きなチャンスとしても大切な時間となるでしょう。