偏差値を考慮しすぎない

中学受験についても高校、大学受験についても偏差値は子供、保護者共に気になります。子供の人数が多く、厳しい受験戦争を潜り抜けてきた親世代からすれば、偏差値は学力のレベルを知る一番の指針となると考えているからです。

確かに偏差値は学力のレベルを理解するために非常に便利な数値です。一目で自分のお子さんのレベルがわかりますし、やはり、中学受験の志望校についても、偏差値がどの程度あれば合格圏内という言い方をする塾も存在しています。そのため、志望校選択の際に、偏差値の数値を強く気にされる保護者も多いのです。

志望校の最終決定をするのは遅くとも小学校6年生の秋くらいがぎりぎりといわれています。その時点でたとえ偏差値が志望校に届いていなくても、この先の努力で目標を高く持って挑めば、数値は上がっていく可能性もあります。偏差値が届かないからこの学校は無理・・・と思うのではなく、届かないなら届くようにがんばって学習しようという気持ちを持った方がいいのです。

あまりにも上のレベルでは仕方ありませんが、目標を持つことはよいモチベーションとなります。ある程度偏差値に幅を持たせておくことで志望校を複数選択しておき、最終的に本当にお子さんにあった中学を選んでいくことが必要です。