中高一貫教育校とは

最近多くなってきている中高一貫教育校も中学受験を行う学校です。一般的に公立中学で行われている教育と高校で行われている教育について、効率よく指導を行い無駄のない一貫性のある教育方針で中学、高校の6年間の教育を継続して行う学校です。

中高一貫教育校にも種類があり、中等教育学校は中学の教育課程と高校の教育課程を統合した形の学校で、前期課程(中学相当)と後期課程(高校相当)があります。通常中等教育学校の場合、後期課程つまり高校年代の募集はほとんど行われません。稀に行われることもあるのでチェックしておくといいでしょう。

併設型は都道府県や市町村等同じ設置者が中学、高校を設置、接続するという種類です。連携型は設置者が異なる中学、高校が連携する事で一貫教育を行うというものです。中学と高校の教師がコミュニケーションを常にはかり、教育課程を接続しています。この連携型の場合、高校へ上がる際、通常通り勉強していれば問題のない選抜試験で上がる仕組みとなっています。またこの連携の場合には高校年代で他中学の受け入れがあります。

こうした中高一貫教育校の種類をよく理解し、中学受験の情報として得ておくと選択肢も広く持てるでしょう。高校で別の進学先を考える、という場合には、その志望校に不合格となった時、再度元の学校に戻って進学できなくなるなどがありますので、その点をしっかり確認しておくことが重要です。