中学受験実施校のレベル

中学受験を実施する学校も、それぞれの学校で学力の違いがありますが、通常、公立中学校よりも高いレベルを持っています。そのレベルについていけるかどうかを判定するのが受験なので、合格すれば、ある程度のレベルのあるお子さんが入学し学習することになるので、大きな学力差なく勉強ができます。

私立中学など中学受験を行う学校では、独自の教育方針、独自のカリキュラムを組むことができますので、指導する生徒の学習習熟度に合わせてきめ細かい指導ができるという事も魅力です。例えばある私立中学ではお子さんの学力に応じて、クラス編成を行っています。

各クラスで同じくらいの学力を持ったお子さんが集まっていますので、指導する教師も学習の内容を伝えやすく、学力レベルが揃っているためわからないことをわからないままにしない質の高い教育ができます。学力レベルが高いお子さんたちのクラスでは、さらにその上を目指した教育が行われますので、クラスごとに効率のいい授業ができるという利点があります。

公立中学ではこうしたクラス編成は無理ですし、教師の数などにも決まりがあるため、きめ細かな指導ができる数が揃っているかどうかそれも疑問です。成績がいいお子さんはドンドン伸びるけれど、落ちこぼれたお子さんをフォローする機会が少ないため、学力差が激しいのも公立中学の特徴でしょう。