いつから中学受験準備に入る?

中学受験の準備についてはご家庭の方針によるといえます。教育について早くから熱心に考えているご家庭ではそれこそ、幼稚舎の選択から方針を立てているでしょうし、中学受験に関しても小学校に入ってからすぐ対策を練っているご家庭もあるくらいです。

私立中学や国立の一貫教育校への進学を考慮する場合、低学年から基礎学力を確かなものとし、家庭内で学習する癖をつける事、さらに塾などを効果的に利用する事なども考えているご家庭があります。お子さんが中学受験を普通の事として捉えるためにも、早い段階から「受験準備」を行う事が重要となることは間違いありません。

一般的には小学校4年生くらいから中学受験を意識した生活に入り、高学年、5年生になったら中学受験に特化した進学塾を利用する等、具体的な中学受験準備に入るご家庭が多いです。中学受験を目指すのであれば、せめて小学校5年生には中学受験に沿った学習が必須となりますし、志望校の選定を早めに行い、志望校の受験傾向に沿った学習スケジュールを組みこなしていくことが求められます。

中学受験は狭き門です。保護者の方の中には小学校から中学へ行く受験だからと高をくくっている方も少なくありませんが、周到に準備を重ね学習に取り組んでいても、合格できないお子さんがいます。念には念を入れて、合格に向けた準備を行う事が重要なのです。