中学受験は必要?

中学受験に関しては、小学生が受験の必要な学校の試験を受ける、という事になりますので、多くは保護者の意思によって中学受験を志すかどうか決まります。小学生という年代でこの中学に行きたいから受験するんだと希望する事は少なく、保護者が教育方針等に魅力を感じお子さんに受験させることを考えるのが一般的でしょう。ここで、保護者はお子さんの事をよく考慮して中学受験を行うかどうか、決定する事が必要となります。

お子さんとよく話をして受験する意義や受験する学校の方針などをよく聞かせてあげてください。お子さんからすれば、今まで仲良くしてきたお友達と離れて公立中学へ行くのではなく、違う中学へ行くという事が納得できないかもしれません。どうしてその学校がいいのか、どういうメリットがあるのか、こうしたことをよく話をして中学受験にチャレンジする事の大切さをしっかり伝えてください。

またお子さんの性格を考えて上げることも大切です。あまりにも消極的なお子さんがいきなり知らないお子さんばかりの学校生活に放り出されてうまくやっていけるかどうかわかりません。子供はすぐに環境に慣れるものですが、なかなか新しい環境になじめないお子さんもいます。学校の見学会などがあればどんどん参加し、新しい生活へなじませておくことも大切なことです。