中学受験に挑むご家族の方へ

2016年に明の星中学合格を目指して社会の勉強をするといってもぴんと来ない保護者もいるでしょう。地方では中学受験を行う学校が少なく、首都圏、京阪神地区などに集中しています。通常、小学校を卒業し公立の中学へ行くのが一般的です。日本では中学までが義務教育であり、全国区で中学受験が展開されているわけではないので、義務教育期間は通常通り進学し、高校受験で初めて受験を経験されるお子さんが多いのが実情です。

公立中学では国が定める教育指導を行いますが、中学受験を行う私立中学や中高一貫教育校などは独自の教育理念を持ち、質の高い指導を行っているのが特徴です。公立中学ではどうしても国が推進する教育が指針となって指導しなければなりませんが、私立中学などはそうした学習指導要領に縛られることのない教育ができます。こうした教育理念、学校の姿勢に大きな魅力を感じ、中学受験にチャレンジするご家庭も多くなっています。

高い志を持った子供

中学受験を行う中学では、自校の教育理念を理解し学ぶ姿勢、高い志を持った子供を選抜するために受験を行います。独自の教育方針で質の高い指導をきめ細やかに行う学校に入学するに当たり、学校側はお子さんがその指導を求める意欲があるのか、ついていけるだけの学力を持っているのかを試験します。

そのため、中学受験は大人から見てもこれが小学生相手の試験か?と思うほど難解な問題が出題されています。中学受験にチャレンジする小学生は、現在小学校で行われている一般的な学習内容の上を行く勉強を行う必要があります。

当サイトは中学受験にチャレンジするお子さん、また保護者の皆様に現在の中学受験で何が必要なのか、その準備は何を行っておけばいいのかお知らせするサイトです。家族一丸となって中学受験に挑むご家庭の力になれたら幸いです。